読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリーターが行く!趣味とハワイとグルメ探訪

平均年収以下のフリーターが上手くやりくりしながら生き抜いていく様を皆様の為になる情報も合わせて更新していきます。

80対20の法則(備忘録編)

成功するって、
本当はとてもカンタンなこと

 ユダヤ人大富豪の1人が、私にこう教えてくれました。

 「なぜ、成功しない人がいるのか? 答えはカンタンだよ。『してはいけない』とわかっていることをするからだ」

 このように「富と愛情を手に入れる法則」は、本当はとてもカンタンなことなのです。すでにあなたが知っていることなのです。それを、わざわざしかめっ面して難しく考えようとしたり、または、彼が言うように、「してはいけないとわかっていること」をするから、「富と愛情」からどんどん遠ざかっていくのです。

 カンタンな例をあげてみましょう。

 例えば「あいさつをきちんとする」なんて、誰でも知っている、とてもカンタンなことです。「いつもニコニコ、姿勢を良くして歩きましょう」もカンタンですよね。それを、なぜ、わざわざ両手をポケットに突っ込み、背中を丸めて、眉間にしわを寄せ、人と目を合わせるのをさけて歩くのでしょうか? もし、あなたが会社の部下として、将来性のある若者を指導したいと思ったら、どちらの若者を選びますか?

 できない人ほど、現実逃避して自己責任を取らず、他人のせいにします。
とてもカンタンなことを、わざわざ難しく考えるのです。

 100年ほど前、イタリアにパレートという経済学者がいました。今でも欧米では「パレートの法則」または「80対20の法則」と呼ばれ、広く知られています。

この法則によると、あなたは自分の貴重な時間とエネルギーの80%を無駄に使い、わずか20%の時間とエネルギーしか肝心な事柄に使っていない。会社では20%の従業員が、80%の業績をあげる。クラスの20%の生徒が学校問題の80%を引き起こす。そして究極的には、人口の20%の人間が富の80%を所有する(100年たった現在では、人口の10%の人間が富の90%を所有すると言っても過言ではないでしょう)。

「80対20の法則」で、
あなたの身の回りをチェック

 あなたは大切なお金の80%を無駄に使い、自分の将来への投資には20%しか使っていないのではないでしょうか? あなたの悩みの20%が将来や生死にかかわる重要なことで、残りの80%はもしかすると、どうでも良いことかもしれません。あなたの部屋の中にある物の80%はガラクタに等しい浪費の産物で、20%が本当に重要なものかもしれません。一方、世界のできる男や富める男達は、有意義に使う時間やお金の割合をできるだけ多くするようにしているのです。

 これは、あなたの生活態度にあてはまります。先ほど、ユダヤ人大富豪が「成功しない人は『してはいけないこと』をするからだ」と申しました。あなたなりの言い訳もあると思います。「例えば、タバコがからだに悪いとわかっていても、やめられない」「聡明な女性が良いとわかっていても、肉体派の女性が好き」「親にやさしい言葉をかけようとしても、素直になれず、いつもつらく当たってしまう」など欠点だらけなのが人間です。

 でも、ここで「人間だもの」と甘えていては、進歩がありません。100%完璧にしようとするから、できずに挫折するのです。ならば、「80対20の法則」を逆手にとって、「80%善い行いをしたら、めでたし、めでたし」というスタンスで行動してみませんか?

 もし、あなたがわざわざ両手をポケットに突っ込み、背中を丸めて、眉間にしわを寄せ、人と目を合わせるのをさけて歩く人であれば、両手をポケットに突っ込んで背中を丸めてもOKですから、ニコニコする。全額返済できれば、それに越したことはありませんが、とりあえず期日内に80%返済する。

こう考えると、取り組みやすくなりますよ。