読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリーターが行く!趣味とハワイとグルメ探訪

平均年収以下のフリーターが上手くやりくりしながら生き抜いていく様を皆様の為になる情報も合わせて更新していきます。

マルク・シャガールの生い立ち(趣味)

 

マルク・シャガールは、20世紀を代表するロシア出身
パリのアーティストである。
1887年に生まれ、1985年に世を去っている。
また日本では明治20年にシャガールは誕生した。

シャガールはロシアで生まれ、厳格なユダヤ人の家庭で育っている。
彼の出身地、北西ロシア(カフカス・ロシアもしくは白ロシア)に位置する
ヴィテブスクは、その当時、総計約5万人の人口の半分ほどが
ユダヤ人で占められてた。

繁栄する港町ヴィテブスクには鉄道や工業基地、
荘厳な大聖堂などがあったが、住居の大半は
祖末な木造家屋だった。裏庭や未舗装の道のあちこちには、山羊や鶏
牝馬などが歩いていた。それらの動物たちは、シャガールの絵の
中にも存在しえるだろう。また、近所の人たちや親戚たちが低い屋根の上に
登っては、町中を見回したり天を仰いだりしていたことも
シャガールの芸術の中に垣間見えるだろう。

ユダヤ人家庭に育てられた彼にとってユダヤ教
大いなる影響を与えられたと考えられる。
その当時のほとんどのユダヤ人がそうであったように、シャガール家も
ユダヤ教の信仰復興運動の一派、ハシディスムに入信していた。

ハシディスム教に仕える彼らは、神との触れ合いを得ようとする努力の中で、
熱意と喜びが重要であり、またタルムード(ユダヤの律法の注釈と応用)の
学術的で厳格な伝統とは別ではあった。

シャガールの特徴的なふんわりとした夢のようなヴィジョンは
それらの精神と神話を受け継いでいるかのように見受けられるだろう。


年表

1887年7月7日 ヴィテプスクで誕生

1906年 ヴィテブスクでイェフダ・ペンの絵画教室で学ぶ。

1907-10年 サンクト=ペテルブルグ帝国芸術奨励協会の
美術学校とサンクト=ペテルブルグの私立学校で学ぶ。

1910-14年 パリのメーヌ小路に住む。1911年、ラ・リューシュに移る。
パブロ=ピカソジョルジュ・ブラックアメデオ・モディリアーニ、アレクサンドル・アルキペンコ
ギヨーム・アポリネール、マックス・ジャコブ、ブレーズ・サンドラールといった
著名な芸術家や作家と知り合う。

1915年7月 ベラ・ローゼンフェルトと結婚。

1915-17年 ペテログラード(サンクト=ペテルブルグ)の戦時経済局で働く。

1916年 娘イダ誕生。

1918-19年 ヴィテブスク地方人民教育局の芸術人民委員に任命される。

1920-21年 マレーヴィチやエル・リシツキーとの対立から、シャガール
ヴィテブスクを離れる。モスクワとその郊外に住む。

1922年 ナタン・アールトマン、ダヴィド・ステレンベルクとグループ展をモスクワで開く。

1922-23年 カナウスへ旅行し、展覧会を開く。ベルリンを訪れる。

1923年9月 パリに落ち着く。

1926年 パリとニューヨークで個展を開催。

1930-31年 「聖書」の挿絵に取り組む。

1933年 ゲッペルスの命令によってシャガールの作品がマンハイム
公開焼却される。バザールで展覧会。

1935年 ポーランドに旅行。

1937年 フランス国籍を取得する。イタリアに旅行。

1939年 アメリカのカーネギー財団から賞を受ける。

1940年 ロワール、その後プロヴァンスに移る。

1941年 マルセイユで拘束されるが、釈放される。アメリカに移住する。

1943年 アメリカとメキシコの劇場のために制作する。

1944年 ベラ・シャガール、急逝。

1945年 イーゴリ・ストラヴィンスキーのバレエ「火の鳥
の舞台装飾と衣装を担当する。

1946年 ニューヨークとシカゴで展覧会。

1947年 パリの国立近代美術館で展覧会。

1948年 フランスに帰国。シャガールの挿絵による「死せる魂」が出版。

1950年 ニース近郊のヴァンスに移転。リトグラフと陶器に取り組む。

1951年 最初の石造彫刻を制作。ベルンとエルサレムで大規模な展覧会。

1952年 ヴァランティーナ・ブロツキーと結婚。

1953年 チュリン、ウィーン、ハノーヴァーで大規模な展覧会。

1956年 シャガールの挿絵による「聖書」が出版。

1957年 アシー、メッス、エルサレム、ニューヨーク、ロンドン、
チューリッヒ、ランス、ニースでステンドグラス窓に着手する。

1959年 フランクフルト・アム・ラインの劇場のホワイエ壁画を制作。

1963年 日本で展覧会。

1964年 パリのオペラ座の天井画を制作。

1966年 サン・ポール・ド・ヴァンスに転居。

1969-70年 ニースにシャガール美術館を設立。

1973年6月 ソヴィエト連邦文化省の招待でモスクワとレニングラードに旅行。

1977年10月 ルーヴル美術館で1967年から1977年に制作された
絵画の展覧会。

1982-84年 ストックホルムコペンハーゲン、パリ、ニース、
ローマ、バーゼルで大規模な展覧会。

1985年3月28日 マルク・シャガール、サン・ポール・ド・ヴァンス
にて98歳で死去。

1987年 モスクワでシャガールの大規模な展覧会。